投稿日:

訪問販売で羽毛布団を購入しました

まだ社会人になって間もないころの話です。
その頃は一人暮らしをしていたのですがとある休日の日一人の男性が訪ねてきました。

「家にお布団はありますか?」と聞かれたので、ありますと答えると「どんな布団ですか?見せて頂けますか?」というので、とくに怪しいとも思わずそのまま家の中に入れてしまいました。

水色の布団布団を確認すると「これは古いですね。私の今持ってきてる布団があるのですが、とてもいいものですよ。」と今ある布団が悪い状態であることをいわれました。羽毛布団をもっていなかったこともあり、気になって思わずどんな羽毛布団かも見ずに30万ほどで購入契約してしまいました。

その布団を受け取るとなにやら変なにおいがして、とても新品とは思えないようなものでした。30万にしては質が悪いような印象だったのでこの時に(あれは詐欺だったのか?)やっと気づきました。そもそも一般の人が使用するには30万の羽毛布団など高価であることも考えませんでした。

その後、クーリングオフをしたいと伝えるためその方を再度呼び出して、部屋で話し合いをすること5時間。話し合いでは「友達になれるとおもっていたのにな~」と他県で社会人になった私には友達もいなかったところで揺さぶってきたりしましたが、それも怪しく思い断り続けました。

そもそもなぜクーリングオフをしたいという話がしたかっただけなのに5時間もかかるんだと憤ったのも覚えています。その後のさらなるトラブルも考えインターネットで弁護士を探し、クーリングオフの手続きを依頼しました。

無事にクーリングオフもできたのでよかったですが、気をつけているつもりでも、自分の思いもしないところから詐欺に合うんだと思い知りました。また近くに相談できる人がいなかったということもネックだったのではないかなと今では思います。

投稿日:

100000円で月に2000円返ってくるって。

低金利のこの時代に、どの銀行に定期預金しても利息は数百円がいいところ、子どもの学資保険がまだましかなと思えるようなくらいで、専業主婦の私は今後の資金繰りに頭を悩ませています。そんな私に知人が持ち掛けてきた話が、100000円を預けたら2000円利息が付いて返ってくるという胡散臭い話でした。

散らばるお札例えば、500000円を、あずけたら100000円で毎月2000円×5口という考え方で円が毎月利息として返ってきて、元の500000円は一年後に帰ってくる、またはそのまま預けておくと、その次の年も毎月10000円が利息で入るというんです。

あまりに胡散臭い話ではありますが、知人は実際にそこに何年も預けており、毎月10000円のおこづかいが勝手に入ってくる生活をしているようです。

私が教育資金のことをちらっと話したことを覚えており、気にかけてくれての話だったのですが、その会社の概要自体はパンフレットも何もなく、ただ口頭で説明されるのみで信用性が高まりませんでした。

普段からの付き合いで良い人だということはわかっており、私をだますつもりはないことは信じられますが、そんな話を聞いてしまうともしかしたら本人も知らないうちに詐欺に騙されているのではないかという心配のほうが大きくなっています。

投稿日:

友人の親御さんにかかってきた電話の話です

友人の親御さんに起きた話です。ある日「息子」を名乗る人から電話がかかってきました。仕事でミスをしてしまい、警察と弁護士が来ていて大変なことになっている、と。

電話する悪人ここまではよくある普通の「オレオレ詐欺」の手口なのですが、ここからが凄くて、まず、この「息子」というのは友人の妹の旦那さんで職業は医師です。奥さんは専業主婦。子供は三人。何とこの電話の相手はそれを全て把握していたようで、息子の本名を名乗ったのはもちろんのこと、医師であることを土台とした設定作り、そして奥さん(親御さんにとっては実の娘)役の女性も電話に出たそうです。

親御さんは普段から詐欺には気を付けているとのことですが、さすがにここまで事実と一致したことで思考が停止し、電話を切り要求された金額を用意しに銀行に向かってしまいました。ですがそこで行員さんに尋ねられ、初めて「本当の息子さん」に連絡を取り…。これが詐欺であったことに気付くことができたとのことでした。

今回の件での被害額は結果としてゼロでしたが、ここまで詳細な情報が詐欺グループに渡っていると考えると、例え実害がなくとも潜在的な被害は充分にあるように思います。個人情報の管理を徹底してほしいと思わされる事件でした。