投稿日:

オーストラリア最大の詐欺サイト「フラットメイト」

5年ほど前にオーストラリアのメルボルンに留学をしました。通う学校が決まって、住む場所を決めなくてはならないということで、日本から直接現地を下見に行く時間もなかったので、アパートやルームメイト探しの「フラットメイト」というサイトに登録してみました。

2棟のアパートと木当時現地には全く知り合いもおらず、何でアパートを探したら良いかもわからなかったので、サイトで良さそうな物件を見てメールで問い合わせをしました。私がいいなと思った物件はメルボルンの大学からバスで10分くらいのところに位置しており、家賃は10万円ほどでした。すぐにメールの返事が来て、「この物件のオーナーは現在海外に赴任しており、その間、誰かアパートを借りてくれる人を探している」ということでした。

下見もできるということでしたが、何せまだその時は日本におり、9月から学校が始まってしまうのでそれまでになんとか居場所を確保しなければと思い、私も必死でした。部屋の詳細写真を送ってもらって、契約までの流れを説明してもらいました。その仲介会社の人がオーナーに私の話をしてくれて、「オーナーもあなたのことを気に入ってくれている。他で話を進めている人もいるので、その人に渡ってしまう前にあなたと契約がしたい」と言ってくれました。

そのあと私も2日くらい考えていました。するとまた仲介会社の人がメールを送ってきて、「他に契約したいという人がいる。」と言ってきました。私はこれを逃したら住む場所がないと思い、一大決心をして契約することにしました。相手の指定口座にウェスタンユニオンを使って送金しました。今思うと私がすごく馬鹿だったのですが、ウエスタンユニオンは本人確認出来なくても送金が可能です。送金後、1日待ちましたが、相手から返事が全く来ません。こちらから「お金を受け取ったのか。」と問い合わせると確かに「受け取った。」ということでした。

しかしその後から連絡が遅くなり、部屋の鍵についてその仲介会社に問い合わせたところ、「メルボルンの駅の金庫に預ける。心配いらない。」ということでした。このころになると私もすごく不安になり、メルボルンの駅の構内図について調べてみたところ、そんな金庫は存在しないことがわかりました。しかも「フラットメイト」のサイトをもう一度見ると彼らはまた同じ内容でアパートの貸主を探していることがわかりました。完全に私が騙されていました。私が払った10万円は闇に消えてしまいました。

そんなこんなで学校が始まり、友人もできていろいろな人から話を聞いたところ、被害にあったのは私だけではなく、「フラットメイト」では詐欺集団が世界中からオーストラリアに集まる学生を騙しているということが分かりました。善良な学生を騙すなんてとんでもないと思いました。インターネットサイトで顔の見えない相手、言葉の壁があって取引する際には、自己に全て責任があるということを認識してから利用することをお勧めしたいです。

投稿日:

ジーオー(ジーコスモス)で詐欺被害に

悪い人と握手私は2002年(平成14年)初めに、ニュースなどでも大騒ぎになったジーオー(ジーコスモス)で詐欺被害に遭いました。

始まりはその2年前の2000年(平成12年)の秋、新聞の折り込みチラシ求人広告を見て申し込んだことです。ジーコスモスについては同じチラシで繰り返し目にしていました。やっている仕事が今後どうなるか不透明だったことから他の仕事にも手を付けようと考えていました。しかし、「時間が確保できるだろうか、特に酷暑の時期などは大丈夫なのか」と心配で手つかずのままでした。そこで「自宅で好きな時間にカタログから商品を選ぶだけ」と負担が非常に小さく、10~20万円可ともあったので飛び付いたのです。「国際貢献・弱者救済」ともあったのでいいなとも思いました。

実際に始めると、エントリーガイドという無料で毎月届くカタログから商品を選び広告料を出し、通常それが1.1~1.5倍程度で戻ってくるというものでした。また広告活動代金、利益120%確約などの確定利回り企画などもありました。広告活動代金では「真善美」といい、継続して貯めておくと10年後には3倍強もあるというシステムも設定されていました。ということで積立型の保険を解約したりもして、合計100万円程度はつぎ込んだかと思います。

こうした企画がなくなって2年目の秋には口座の残高を全部自社株に統合する、カタログもタブロイド判の新聞になってしかも購読料徴収になるなど危険な動きは感じていました。しかしその直後に詐欺事件としてニュースになるとはまさかと思いました。

結局返済不能、会社は解散ということになってしまいました。その後弁護士らのグループである程度資金を回収、取り戻しということになり、結局4万円強だったでしょうか、返金されてきました。
チラシのことに戻りますが、媒体として使ったチラシは、この他にもマルチ商法・内職商法的な求人も毎度扱っているものでした。広告の審査基準が甘くてこうしたものも扱ってしまっていたのでしょう。このチラシはいつの間にか折り込まれなくなっていました。

投稿日:

毎日同じ時間に電話してくるさわやかな男性営業マン

私の叔母の話です。叔母は72歳で会社を経営してます。一年前に叔母の姉がなくなり姉は未婚だった為、叔母に思いがけず多額な遺産がはいりました。

ちょうどその時期に朝の9時頃に自宅に若い男性から投資をしないかとの電話での勧誘がありました。まったく投資など興味がない叔母は無関心で電話を切ろうと思ったそうです。ただ、その営業の男性の声が優しく日ごろ仕事ばかりで趣味もない叔母は久しぶり若い男性と話したのがうれしかったそうです。

積まれたお金と上昇矢印最初の電話は、さわやかに電話を切った男性セールスマンとの印象だったそうです。次の朝の9時頃、さわやかな声の男性営業マンからまた電話がありました。第一声が、おはようございます体調良く今日もおすごしですか!といわれたそうです。そのセリフに大人げなく感動し投資の話より、電話がかかってきたのがうれしかったそうです。

もちろん叔母は既婚者ですが、たわいもないこの電話を次の日も待つようになったそうです。次の日も同じ時間に電話があり、もうその流れで投資の話も聞き、さらに次の日も電話を待っていたそうです。

結局投資の話は詐欺で叔母は姉の遺産でその投資に金額を振り込みました。500万です。振り込んだ翌日からもちろん詐欺なので電話はかかってきませんでした。叔母は、おもいがけない姉の遺産がはいり舞い上がっていたところに電話があり、その電話の男性が優しく毎日その電話を待つようになってしまいました。

自分の体の調子を男性が心配してくれるのがうれしかったそうです。姉の遺産があったからご主人にも相談せずにそのお金を使ったそうです。電話に舞い上がっていても、叔父に話していれば未然に防げたと思います。

投稿日:

大好きなものだからこそ、慎重になりましょう。

被害額は、だいたい6千円くらいだったと思います。

キプリングというブランドのバックが大好きで、実際の店舗でも買っていました。しかし売っている店も種類も少ないので、インターネットでキプリングのバックが掲載されているホームページを探すようになりました。Amazon、楽天、ヤフーといった比較的大手のものから、ネットショップと思われるものまで何でもチェックしてました。

かわいいバッグのイラスト売りきれ店ばかりの商品をネットショップで見つけたときです。人気商品のため他の人に購入されないかと気持ちも焦り、急いで購入したのですが商品は届かず連絡も取れず、詐欺にあったと後から気づきました。それまでも、ネットショップで買い物をして特に問題もなかったので、安心しきっていたのでしょう。ただ、そのネットショップのおかしな点は、今から考えればいくつかありました。

まず支払いに関してです。だいたいは、コンビニ、クレジットカード決済、銀行振込等、選択肢があることが多いのですが、そのサイトは、銀行振込のみでした。多少違和感はありましたが、そんな会社もあるのかと、それ以上不審には思いませんでした。その時点で買い物を保留すれば良かったと後悔しております。

振込後、○○日以内に発送しますという表示がされることも多いのですが、そのサイトに限ってはありませんでした。連絡もサイトからのメールでしかできない。お金を受け取ったらドロンでしょうから、会社からの連絡はもちろんありません。勉強代と思ってあきらめましたが、被害者が少しでも減れば幸いです。