投稿日:

若者の起業したい気持ちを利用した悪質詐欺

20代半ばくらいになると増えてくる「不労所得」や「起業」「独立」などの話。大学を卒業して社会に出て1年経ち、仕事にも慣れてきた頃、学生時代のように何考えずに遊びたいなー、という気持ちが芽生えてきます。 そこに舞い込んだのは、起業セミナーの話でした。 同じ職場の同僚から「1人で起業をすると失敗する。初めのうちはみんなでやることがコツだ」と教わったから、興味があったら話を聞かないか?と誘われ、聞きに行きました。

頭を抱えて悩む男性話の内容は夢に溢れていて、自分の興味のあることを仕事にできる。それをバックアップしてくれる、というものでした。 悪くないかな、と思い、本格的ではありませんでしたが、数回その方や起業仲間との打ち合わせに参加しました。 そしていよいよお金の話が入ってきました。事務所を立ち上げる資金、作った会社の株を購入。出せるだけのお金を出せとのことで、1人あたり約150万円ほ投資しました。実際に事務所も完成しました。

しかし、働いた分の対価、最初に聞いていた株の配当が一切なく、徐々に親会社への信頼が無くなっていきまた。事務所の改装費明細の提出をお願いしても明確な提示がなく、成約した契約も「成約していない」と言われ、結局1円も支払われませんでした。 返金を希望しましたが「そんなお金はない」と言われ、泣き寝入り。 数ヶ月経って代表者の名前で検索をかけると「詐欺」の被害者がかなりの数いました。 起業話を始める前に調べた時は、ヒットしなかったので、私達を筆頭に続々と被害者が出てきたようです。